幡野茂 トップページ |  プロフィール / 政策 / 実績 |  お知らせ バックナンバー |  活動レポート バックナンバー

   【 お 知 ら せ 】

>>> お知らせ バックナンバー

2019年10月24日
東京五輪「聖火台」川口市へ里帰り
10月6日、旧国立競技場の炬火台(1964年東京大会の聖火台)設置記念式典が行われました。
宮城県石巻市に震災復興のシンボルとして貸出されていました旧国立競技場の炬火台が、岩手県・福島県で展示・活用され、この度 川口市に里帰りいたしました。
炬火台は来年の3月までキュポ・ラ広場に展示させていただけることとなりました。
その後、炬火台は新国立競技場の東口ゲートにレガシーとして設置されます。
この炬火台は1958年、東京へのオリンピック招致が懸かったアジア競技大会の炬火台制作にあたって、川口市が重責を担うこととなり短い納期のなか川口の鋳物職人の方が精魂こめて完成された炬火台で、川口市に61年ぶりの里帰りとなりました。
歴史を感じる炬火台と素晴らしい式典となりました。
   【 活動レポート 】

>>> 活動レポート バックナンバー

2019年9月28日
ケアハウスをご紹介
▲ サンテピア最上階の食堂 ▲ サンテピア屋上
先日、高齢者の方から身の回りのことは、出来るが独り住まいに不安を感じるので、低料金で良い施設はないでしょうかとのご相談をお受けしました。
そこで、老人福祉法の中で定められているケアハウスをご紹介させていただき、ご相談者の方と施設見学をさせて頂きました。
今回ご紹介させていただいたケアハウスは、赤井にあるサンテピアの特別養護老人ホームとの併設でサンテピアの5階6階に設置されている施設です。
ご相談者の方も気に入られたようでした。
実はこのケアハウス、低料金で安心の生活ができるにも係わらず、存在そのものがあまり知られていないのではないかと思っています。
収入により料金区部されており、月額約86,000円から約122,000円の利用料金となっており、低額な食事付きワンルームマンションです。
入所対象者は、@60歳以上の方(介護認定がない方も可能)A身元保証人を立てられる方、B独立して生活するには不安な方です。
部屋はミニキッチン・トイレ付で、一人部屋とご夫婦には二人部屋、お風呂は男女別共同浴場及び家族風呂があります。また、生活相談員が相談に応じてくれます。
さらに、介護が必要になった場合は、介護保険サービスを利用することも可能です。
ただし、短い距離ですが準備された食事を食堂のテーブルまでは、ご自身で運んでいかなければなりません。
施設の見学と説明をお聞きし、快適に過ごすことができる施設ではと感じました。
最後に、あまりにも知られていないケアハウスの役割や対象者をもっと市民の皆様に知って頂くべきと考えます。

幡野茂 トップページ |  プロフィール / 政策 / 実績 |  お知らせ バックナンバー |  活動レポート バックナンバー

ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Hatano Shigeru. All Rights Reserved.